【概算】新潟市にカントン包茎の男性はどれくらいいるのか?

【概算】新潟市にカントン包茎の男性はどれくらいいるのか?

新潟市にはカントン包茎の男性がどのくらいいるのでしょうか?

 

カントン包茎の男性

 

新潟市の人口は、総人口が『約80万人』だとみられています。

 

このうち、学生や働き盛りの世代(生産年齢人口)が『約48万人』です。

 

※生産年齢人口…15歳以上65歳未満の年齢に該当する人口

 

半分が男性だとすると、新潟市の15歳から64歳の男性の数は『約24万人』となります。

 

カントン包茎の割合を出す前提として、カントン包茎が真性包茎の進化版のようなものであることを知っておく必要があります。

 

カントン包茎は、真性包茎の状態で無理に包皮をむいたときに元に戻せなくなった状態をいいます。

 

仮性包茎とは、普段は包皮に包まれていても、勃起したら問題なく露出できる状態をいいます。剥きづらい、包皮口が狭いと感じる程度で戻せるのであれば、それはカントン包茎ではなく包皮輪狭窄だといえます。

 

真性包茎の男性の割合が、成人男性だと約1%〜3%程度だとみられています。

 

この中に、カントン包茎の男性も含まれるということになります。

 

カントン包茎予備軍という括りであれば、真性包茎の人のほとんどが該当することになるでしょう。

 

この中で、無理に包皮を剥いたり勃起して元に戻せなくなったり、様々な理由でカントン包茎状態になった人が10%ほどいると推測します。

 

すると、真性包茎である平均約2%の人の中で、約10%の人がカントン包茎状態になっていると計算できます。

 

  • 『約24万人』×0.02【真性包茎の割合2%】×0.1【真性包茎の人でカントン包茎になっている人の割合10%】=『約480人』

 

新潟市でカントン包茎になっている人の予想数値は…『約480人』

 

カントン包茎や予備軍の人も含めて、術後の美観も配慮して施術してくれる新潟市の包茎専門クリニックをご紹介します!

 

新潟県新潟市中央区花園1-3-2 IMAビルU6階

 

上野クリニック

上野クリニックでは包茎手術の基本料金は72,000円〜となっています。包茎だけでなく短小や早漏などの治療でも高い評価を得ている病院です。タートルネックを使ったPRにより認知度が非常に高いです。院自体の症例数も豊富で、既に25年以上もの間治療が行われています。

 

クリニック内のスタッフは全て男性ですし、完全プライベート空間での治療となっています。性感染症、ED、ペニス増大に関しても治療が可能となっています。無料カウンセリングも実施されていますので、気になる人は相談してみると良いでしょう。

 

新潟県新潟市中央区東大通2-3-7 ハイエスト新潟ビル6F

 

東京ノースト

東京ノーストクリニックも包茎手術の基本料金は70,000円〜となっています。カントン包茎であれば諸費用が+され相場で10万〜20万程度だと言われています。東京ノーストクリニックでは亀頭のブツブツ除去が1万円〜となっており、こちらも気になっている人は同時に相談してみましょう。

 

東京ノーストクリニックも完全予約制のプライバシー重視のクリニックです。既に30年以上の実績もあり信頼性が抜群に高いのが特徴です。事前の無料カウンセリングで見積もりを出してもらえます。まずは相談から始めてみましょう。

 

阿賀野市(あがのし)阿賀町(あがまち)粟島浦村(あわしまうらむら)出雲崎町(いずもざきまち)糸魚川市(いといがわし)魚沼市(うおぬまし)小千谷市(おぢやし)柏崎市(かしわざきし)刈羽村(かりわむら)加茂市(かもし)五泉市(ごせんし)佐渡市(さどし)三条市(さんじょうし)新発田市(しばたし)上越市(じょうえつし)聖籠町(せいろうまち)関川村(せきかわむら)胎内市(たいないし)田上町(たがみまち)津南町(つなんまち)燕市(つばめし)十日町市(とおかまちし)長岡市(ながおかし)見附市(みつけし)南魚沼市(みなみうおぬまし)妙高市(みょうこうし)村上市(むらかみし)弥彦村(やひこむら)湯沢町(ゆざわまち)